残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

まず会社の実情をきちんと把握しよう!
合法的に時間外手当を削減するには、まず社員の労働時間の管理を性格に把握することから始まります。

では、具体的にどう進めればいいのか?

その詳細はこちら

所定労働時間の見直しをしてみよう!
所定労働時間と法定労働時間の違いを理解し、「法定内残業」では割増分を払わないように、就業規則や賃金規程等のルールを見直しましょう。

ではどのように見直しを進めていけばよいのか?

その詳細はこちら

みなし労働時間制の導入を検討してみよう!
実際の労働時間に関係なくあらかじめ定めた労働時間働いたこととみなす「みなし労働時間制」が自社にマッチし自社に導入できないか?を検討してみましょう。

「みなし労働時間制」は次の3種類に分類されます。

@事業場外労働のみなし労働時間制
A専門業務型裁量労働制のみなし労働時間制
B企画業務型裁量労働制のみなし労働時間制

それぞれの詳細については、上記をクリックして下さい。

変形時間制の導入を検討してみよう!
「変形労働時間制」とは、一定の期間を平均して平均労働時間を40時間/週内に抑えるようにすることによって、特定の日または特定の週に、8時間/日や40時間/週を超えて働かせることができる制度です。

この変形労働時間制には、
@1ヶ月単位の変形労働時間制
A1年単位の変形労働時間制
B1週間単位の非定型的変形労働時間制
の3種類があります。

それぞれの詳細については、上記をクリックして下さい。

フレックスタイム制の導入を検討してみよう!
フレックスタイム制とは、1ヶ月以内の一定期間において一定時間数労働することを前提として、1日の始業・終業時刻を社員が任意に決めることができる制度です。

その特徴と導入方法についてはこちら

シフト勤務制の導入を検討してみよう!
たとえば24時間稼動の工場や24時間営業の店舗では、業務を止めることなく複数の社員を交代制で勤務させています。この交代勤務制をうまく活用することで残業時間を減らすことができます。

その特徴と導入方法についてはこちら

時差出勤制の導入を検討してみよう!
時差出勤制度とは、始業時刻が何パターンかあり、社員がその中から始業時刻を選んで勤務する制度です。これには固定的なものとフレキシブルなものの2種類があります。

それぞれの特徴と導入方法についてはこちら

残業申告制度の導入を検討してみよう!
社員にダラダラと残業させないように、残業をする社員には残業の申請書を会社に提出させます。これを残業申告制度といいます。

この制度導入の内容や注意点についてはこちら

ノー残業デーの導入を検討してみよう!
曜日や日付を決めて所定労働時間内で仕事を終了させるようにする「ノー残業デー」を設けることは、残業代削減に直接効きます。この制度の特徴はこちら

固定残業代の支払を検討してみよう!
普通に固定残業代を支払っても、決めた残業代未満の時間外労働しか働かなかった場合は、逆に賃金負担は重くなります。それゆえ、基本給の一部を固定残業代にしてしまう方法があります。これは残業代削減に直接効きますが、社員の労働条件の不利益変更となるために慎重な進め方が求められます。

その進め方についてはこちら

諸手当などの給与を見直してみよう!
残業代の計算の基礎とならない「家族手当」や「通勤手当」等を手厚くする方法は、残業代の削減対策として世間一般でもよく使用されています。しかし、これを過当に意識し過ぎると問題が。

その問題とは・・・こちら

年次有給休暇の取得ルールを見直してみよう!
実は残業代と有給休暇は無関係ではないので、有給休暇の取得ルールを見直してみようというものです。たとえば繁忙期に社員に休まれると、他の社員がその分の仕事を埋めなければないため、結果として残業が発生することになります。では繁忙期に年次有給休暇を取らせない方法って?

その詳細はこちら

休日労働の割増賃金を抑制してみよう!
「振替休日」と「代休」は賃金の関係から見ると違います。両者の違いをきちんと理解し運用することで、休日労働の割増賃金を抑えることができます。(「振替休日」であれば、休日労働に該当しません。)

その詳細はこちら

注意!労働条件を下げるのは簡単にできない?
上記でご紹介してきた残業代の削減対策は、社員の労働条件を不利益な方に変更する場合があります。この対応は非常にデリケートな問題ですから、事業主の勝手な判断で実行するのは大変危険です。

その注意点はこちら


残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室